HOME>イチオシ情報>脳腫瘍のち療法は摘出が一番だが他にも対応ができる

脳腫瘍の治療で使われる薬について

脳腫瘍自体は手術で取り除くのが最も有効な治療法ですが、特に悪性の腫瘍の場合、抗がん剤などと組み合わせての治療が検討されます。腫瘍のできた場所や病状の進行具合にもよるので、必ずしも投薬が行われるわけではありません。

脳腫瘍の原因

明確な原因は存在しない

遺伝子の突然変異よって発生すると言われている脳腫瘍の、明確な発生原因は明らかにされていません。

がんと同様に喫煙者に多い

脳腫瘍は脳にできるがんと同じなので、がんの原因となる喫煙は一因とも言われます。

遺伝することはほとんどない

遺伝が原因となる脳腫瘍はごくまれで、脳腫瘍のほとんどが遺伝とは関係ありません。

スマートフォンの電波

直近の研究で影響が指摘されていますが、未だ研究中です。

健康に良くない不規則な生活習慣

具体的な予防策がないだけに、日頃の生活に気をつける必要があります。

副作用の少ない薬

医者と看護師と患者

脳腫瘍に罹患をした場合、部位によっては摘出手術を受けることが出来ないという可能性があります。そうなってくると治療法は薬での投与での対応となってきます。脳腫瘍に効果を期待することが出来る薬というとどうしても副作用が強い、というイメージがあるでしょう。最近では極力副作用を抑えたものも増加をしており、罹患をする前の状態に近い生活を送ることもできるようになりました。副作用が強くなってしまうとどうしても体力を消耗してしまったり、ネガティブ思考に陥ったりしてしまうことがあります。病気があっても前向きに生きることが出来る抗がん剤も多くなってきているので、自分に合うものを選択できるように医師に相談をすることができます。

不安を解消する

病院

脳腫瘍に罹患をしていることが判明した場合、積極的な治療を行なうことが出来ない場合もあります。しかし薬によっては効果も得ることができますし、罹患に対する不安も解消することが出来るので安心感も得ることができます。

種類のチェック

医者と患者

脳腫瘍に効果的な薬も種類が豊富になっているので、選択肢も多くなってきています。標準的な抗がん剤をチェックした上で投与をすることになってきますが、今は自分で医師と相談をしながら治療をすることが出来る医療機関も多いです。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中