HOME>特集>基本的には手術や放射線のサポートに使用する

手術のカバーとして

入院患者

脳腫瘍の有効的な治療方法としては、外科的な手術で取り除いたり、放射性を照射したりということが有効的です。そしてそういった治療のサポート的な役割として、薬が用いられることが多いです。例えば神経膠腫だと、手術で完全に脳腫瘍が取り除けるとは限りません。そして残った部分から再発したり、他の部分に転移したりという恐れがあります。そのようなことを防ぐために、放射線治療と同じように薬が使用されることもあります。

一時的な対策として

看護師と患者

脳腫瘍には色々な種類がありますが、その中で中枢神経系原発悪性リンパ腫の治療には、ステロイド系の薬が有効になることがあります。特に比較的小さな症状だと、薬で一時的に腫瘍を小さくできるかもしれません。

広告募集中